治療家冥利に

私のカイロプラクティックの師匠の話です。
お孫さんに会いに広島から上京され、治療院に来てくれたお婆ちゃんがいました。
院長が治療してしばらく毎日通ってくれて、体の調子はかなり良くなっていました。
しかし広島の家に戻ることになり、治療院に通っていただくことが出来なくなり、
非常に残念に思っていました。
すると数日後、、、ご家族から治療院に電話があり・・
お婆ちゃんは亡くなってしまったそうです。
治療院スタッフ一同とても驚き、悲しい気持ちになりました。
そしてご家族から、亡くなる直前にお婆ちゃんが
「○○先生(院長)が近くにいてくれたら、どうにかしてくれるかもしれないのに・・」
とおっしゃった、と聞きました。
もちろん掛かり付けの病院や医者もいたのだと思いますが
亡くなる直前に頼りにしていただける存在であることは
本当にカイロプラクターとして治療家冥利に尽きます。
私も心から頼りにされる存在でありたいと思います。
お婆ちゃんのご冥福をお祈り致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>